MA-2-BKRD [ブラック・レッド] と DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック] を比較。みんなが注目する特徴ごとに徹底解説

作成日時: 2021年11月09日 18時40分44秒、更新日時: 2021年11月09日 20時47分23秒

DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]MA-2-BKRD [ブラック・レッド]
DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]MA-2-BKRD [ブラック・レッド]

「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」について関心度別に幅広くまとめました。どういう点で違いや差があるのでしょうか。どちらの評価が優れているかを評価してみました。

DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]MA-2-BKRD [ブラック・レッド]
DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]MA-2-BKRD [ブラック・レッド]
総合評価:

40.3/100

(総合: 7位)

87.9/100

(総合: 2位)

連続駆動時間
48/100
91/100
本体サイズ
22/100
85/100
重量
49/100
86/100

MA-2-BKRD [ブラック・レッド] と比較して DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック] を選ぶメリット

    -

DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック] と比較して MA-2-BKRD [ブラック・レッド] を選ぶメリット

  • 連続駆動時間

    48.7点(120時間) vs 91.7点(400時間)

  • 大きさ

    22.9点(113mm × 73mm × 60mm) vs 85.5点(100mm × 60mm × 16mm)

  • 重さ

    49.4点(167g) vs 86.6点(68g)

表で「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」について情報概要を比較する

DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]MA-2-BKRD [ブラック・レッド]
画像DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]MA-2-BKRD [ブラック・レッド]
駆動時間120時間(テンポ120/4拍子/機械式メトロノーム/最大音量/アルカリ乾電池使用時)100時間(マンガン乾電池使用時)/400時間(アルカリ乾電池使用)(テンポ120,4拍子,音量最大での使用時)
連続駆動時間120時間400時間
電池を使うことができるかどうか
製品種別デジタル・メトロノーム電子メトロノーム
本体サイズ113mm × 73mm × 60mm100mm × 60mm × 16mm
重量167g68g
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
カラーブラックブラック・レッド

類似のメトロノームを探す

他のメトロノームと比較する

価格をチェック

類似のメトロノームを探す

他のメトロノームと比較する

価格をチェック

「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」の優れた点や良くない点について

「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」の動力に関する比較評価

連続駆動時間について

連続駆動時間を「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」と「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」を比較すると「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」は120時間で「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」は400時間です。280時間もの大きな違いがあります。「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」の駆動時間より「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」の方がかなり長いです。

実際に使うことを想定したとき「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」は実用において遥かに大きい違いがあります。「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」にする主な判断材料の一つとなると思います。

連続駆動時間評価
DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]
120時間48/100
MA-2-BKRD [ブラック・レッド]
400時間91/100

乾電池対応について

「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」も「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」も電池を使うことができるメトロノームです。

「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」の利便性について

本体サイズについて

本体サイズを「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」を比較すると「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」は100mm × 60mm × 16mmに対して「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」は113mm × 73mm × 60mmです。「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と比較して「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」は非常にサイズが小さいです。

実際に使う場面において「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」の方が「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」よりもとても優れていると言えます。

本体サイズ評価
DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]
113mm × 73mm × 60mm22/100
MA-2-BKRD [ブラック・レッド]
100mm × 60mm × 16mm85/100

重量について

「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」を重量について比べると「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」は167gであり「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」は68gです。99gもの差があります。「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」の重量の方が「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」よりもかなり軽いです。

実際に利用する上で「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」と「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」の実用においての違いはかなり大きいです。「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」を選ぶ一つの重要な理由になるでしょう。

重量評価
DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]
167g49/100
MA-2-BKRD [ブラック・レッド]
68g86/100

ヘッドホン対応について

「DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック]」も「MA-2-BKRD [ブラック・レッド]」もヘッドホン端子に対応しているメトロノームです。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック] の関連記事
MA-2-BKRD [ブラック・レッド] の関連記事

DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック] と評価が同程度のメトロノームを探す

連続駆動時間:400時間, 本体サイズ:100mm × 60mm × 16mm, 重量:68g

連続駆動時間:120時間, 本体サイズ:113mm × 73mm × 60mm, 重量:167g

連続駆動時間:290時間, 本体サイズ:102mm × 59mm × 17mm, 重量:71g

連続駆動時間:20時間, 本体サイズ:90mm × 61mm × 20mm, 重量:70g

連続駆動時間:6時間, 本体サイズ:164mm × 122mm × 37.5mm, 重量:450g

連続駆動時間:200時間, 本体サイズ:129mm × 84mm × 22mm, 重量:156g

DIGITAL METRONOME KDM-3-BK [ブラック] の関連記事
MA-2-BKRD [ブラック・レッド] の関連記事

MA-2-BKRD [ブラック・レッド] と評価が同程度のメトロノームを探す

連続駆動時間:120時間, 本体サイズ:113mm × 73mm × 60mm, 重量:167g

連続駆動時間:290時間, 本体サイズ:102mm × 59mm × 17mm, 重量:71g

連続駆動時間:20時間, 本体サイズ:90mm × 61mm × 20mm, 重量:70g

連続駆動時間:200時間, 本体サイズ:129mm × 84mm × 22mm, 重量:156g