15〜50x21にすべきなのか?広く検証してみた

作成日時: 2020年05月25日 11時02分41秒, 更新日時: 2020年05月25日 12時19分16秒

15〜50x21を徹底評価

15〜50x21はどの程度良いのでしょうか。どういう点でメリット/デメリットがあるかについて評価してみました。15〜50x21にすべきかが選ぶのに慣れていない人でも簡単に分かります!

15〜50x21のメリット

  • 倍率は非常に高い

15〜50x21のデメリット

  • 明るさは非常に暗い
  • 実視界は非常に狭い
  • 重量はやや重い

15〜50x21の特徴

  • 三脚に対応している
  • マルチコートを採用している
  • 旅行に適している

よく注目される点から15〜50x21を評価する

15〜50x21の使い勝手について評価

旅行への対応について

15〜50x21は旅行に適している単眼鏡です。

15〜50x21の扱いやすさについて評価

重量について

15〜50x21の重量は132 gです。標準的な単眼鏡と比べて15〜50x21の重量はやや重いと言えます。重量にこだわりが無い人でも日常で利用していて不満を感じるでしょう。そのためもう一つ上の単眼鏡を考えることをお勧めします。

重量評価
15〜50x21132 g29/100

三脚対応について

15〜50x21は三脚に対応している単眼鏡です。

マルチコート採用可否について

15〜50x21はマルチコートを採用している単眼鏡です。

15〜50x21の望遠性能について評価

倍率について

倍率について15〜50x21は50倍です。15〜50x21は普通の単眼鏡よりとても高い方に入る単眼鏡と言えるでしょう。従って15〜50x21に決める上で大きな理由となると思います。これよりも高い倍率の単眼鏡でもほぼ意味がないと思います。

倍率評価
15〜50x2150倍98/100

明るさについて

明るさについて、15〜50x21は2です。一般的な単眼鏡とくらべて15〜50x21のレンズはとても暗い単眼鏡だと言えるでしょう。明るさにあまりこだわりがなくても利用していて不満を感じることがありそうです。そのためもう一つ上の単眼鏡を検討をお勧めします。

明るさ評価
15〜50x2121/100

実視界について

15〜50x21の実視界は2°です。15〜50x21は標準的な単眼鏡よりもとても狭い部類に分けられる単眼鏡でしょう。実視界にほとんど興味が無くても日常で利用していて不満を感じるでしょう。そのため一つ上を検討をお勧めします。

実視界評価
15〜50x210/100

最短合焦距離について

15〜50x21の最短合焦距離は2.5 mです。15〜50x21は普通の単眼鏡と比べてやや長い合焦距離と言えるでしょう。通常利用であればほぼ問題になりにくいくらいのモノであるため15〜50x21が決定的という程ではないでしょう。全くストレスを感じたくない人やこだわりが強い人にとっては不満を感じる可能性があり、もう一つ上を見てみた方がいいのかもしれません。

最短合焦距離評価
15〜50x212.5 m55/100

対物レンズ有効径について

対物レンズ有効径について、15〜50x21は21 mmです。標準的な単眼鏡と比べると15〜50x21の有効径はほとんど同じくらいと言えるでしょう。普通に使う分には比較的問題になりにくいくらいのものであるため15〜50x21が決定的に優れているとは言えません。強いこだわりがある人には不十分である可能性があり、一つ上の単眼鏡を見てみた方がいいでしょう。

対物レンズ有効径評価
15〜50x2121 mm53/100

15〜50x21の詳細情報

15〜50x21
画像15〜50x21
倍率50倍
明るさ2
実視界
最短合焦距離2.5 m
対物レンズ有効径21 mm
重量132 g
三脚に対応しているかどうか
マルチコートを採用しているかどうか
旅行に適しているかどうか

類似した性能の単眼鏡を見る

他の単眼鏡と比較する

価格をチェックする

15〜50x21の価格を今すぐチェック

15〜50x21と評価が同程度の単眼鏡を探す

もっと見る ▼

単眼鏡ランキング

カテゴリ一覧

メーカー名で単眼鏡を探す

単眼鏡 新着記事

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。