Mono 3x12 T*の評価レビュー。幅広く網羅してみました

作成日時: 2020年05月25日 13時35分48秒, 更新日時: 2021年01月13日 13時00分57秒

Mono 3x12 T*を徹底評価

Mono 3x12 T*はどれくらい利便性が優れているのでしょうか?みんなが良く見るポイントからマイナーなポイントまで得点をつけて評価。どのようなメリットデメリットがあるかを検証しています。

メリット

  • 最短合焦距離はとても短い
  • 重量は軽い

デメリット

  • 倍率はとても低い
  • 対物レンズ有効径は非常に小さい

よく注目される点からMono 3x12 T*を評価する

Mono 3x12 T*の扱いやすさについて評価

重量について

重量について、Mono 3x12 T*は54 gです。Mono 3x12 T*は普通の単眼鏡と比べてやや軽い部類に分けられる単眼鏡と言えるでしょう。そのためMono 3x12 T*はかなり有力な候補の一つに挙がります。重量という視点でこれ以上軽い単眼鏡でもあまり意味がないでしょう。

重量評価
Mono 3x12 T*54 g76/100

Mono 3x12 T*の望遠性能について評価

倍率について

倍率について、Mono 3x12 T*は3倍です。標準的な単眼鏡よりもMono 3x12 T*の倍率はかなり低い方の単眼鏡でしょう。倍率にあまり興味が無くても日常で利用していて不満を感じることがありそうです。そのためワンランク上の単眼鏡にした方がいいでしょう。

倍率評価
Mono 3x12 T*3倍2/100

最短合焦距離について

最短合焦距離についてMono 3x12 T*は200 mmです。Mono 3x12 T*は平均的な単眼鏡と比べて非常に短い部類に分けられる単眼鏡でしょう。従ってMono 3x12 T*はかなりおすすめでしょう。これ以上短い合焦距離の単眼鏡を選んでもMono 3x12 T*とほとんど同じでしょう。

最短合焦距離評価
Mono 3x12 T*200 mm86/100

対物レンズ有効径について

対物レンズ有効径について、Mono 3x12 T*は12 mmです。普通の単眼鏡とくらべてMono 3x12 T*の有効径はとても小さい部類に分けられる単眼鏡でしょう。対物レンズ有効径にあまり興味が無くても普通に使っていて不満を感じることがありそうです。従ってワンランク上にすることをおすすめします。

対物レンズ有効径評価
Mono 3x12 T*12 mm8/100

Mono 3x12 T*の詳細情報

Mono 3x12 T*
画像Mono 3x12 T*
倍率3倍
最短合焦距離200 mm
対物レンズ有効径12 mm
重量54 g

類似した性能の単眼鏡を見る

他の単眼鏡と比較する

価格をチェックする

Mono 3x12 T*の価格を今すぐチェック

Mono 3x12 T*と評価が同程度の単眼鏡を探す

dG8x25

倍率:8倍, 実視界:6.8°, 最短合焦距離:2.5 m, 対物レンズ有効径:25 mm, 重量:550 g, アイレリーフ:17 mm

もっと見る ▼

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。