ヤマハ WXC-50 (2016) の機能を徹底レビュー

作成日時: 2021-10-03 18:01:20、更新日時: 2021-10-20 13:42:59

 ヤマハ WXC-50 (2016) を徹底評価

ヤマハ WXC-50 (2016)は、本体重量が1.44kgで、消費電力が12Wのネットワークオーディオプレーヤーです。このプレーヤーは、WAV/MP3/WMA/MPEG-4 AAC/FLAC/ALAC/AIFF/DSDなど、様々なファイルフォーマットに対応しています。また、サンプリング周波数は192kHzで、WAV/FLAC/AIFFは192kHz、ALACは96kHz、MP3/WMA/MPEG-4 AACは48kHzまで再生が可能です。量子化ビット数は、AIFF/WAV/FLAC/ALACが24bitであり、これらのファイルフォーマットではハイレゾ音源にも対応しています。BluetoothバージョンはBluetooth 2.1+EDR/Class2で、受信時にはSBC/AAC、送信時にはSBCのコーデックに対応しています。PREOUT端子、AirPlay対応、DLNA対応、Spotify対応にも対応しています。入出力端子には、光デジタル入力1系統、アナログ入力1系統、同軸デジタル出力1系統、光デジタル出力1系統、アナログ出力1系統があります。

このプレーヤーは、Wi-Fi接続にも対応しており、ワイヤレスで音楽を楽しむことができます。Wi-Fi接続が可能であるため、自宅の無線LAN回線と接続することができ、フリーWi-Fiを探す必要はありません。Bluetoothにも対応しているため、スマートフォンやタブレットからも簡単に音楽を再生できます。

また、本機はAppleのAirPlayに対応しており、iPhone/iPadなどのiOSデバイスからのワイヤレス再生が可能です。さらに、スマートフォンから使えるSpotify Connectにも対応しており、簡単な操作で音楽を再生することができます。DLNA対応により、ネットワーク内のWindows PCやNASと接続して、保存音源やインターネットラジオを再生することができます。

このプレーヤーにはさまざまな出力端子が備わっており、同軸デジタル出力端子、光デジタル出力端子、アナログ出力端子を持っています。さらに、光デジタル入力端子、アナログ入力端子も搭載されており、他の音源をこのプレーヤーに接続することができます。

総合的に見ると、このヤマハ WXC-50 (2016)は、Wi-Fi接続に対応し、Bluetoothにも対応しているため、様々なデバイスから音楽を再生できる優れたプレーヤーです。量子化ビット数は24bitで、ハイレゾ音源にも対応しており、スタイリッシュなデザインも魅力的です。音質も高く、オーディオファンにも満足できる性能を持っています。このプレーヤーをお勧めします。

メリット

  • 本体サイズはもの凄く小さい
  • 並外れて軽い重量
  • どちらかと言うと小さい消費電力

デメリット

  • サンプリング周波数が極めて低い

特徴

  • ハイレゾに対応している
  • Wi-Fi接続に対応している
  • PREOUT端子に対応している
  • AirPlayに対応している
  • DLNAに対応している
  • Spotifyに対応している
  • 光デジタル入力端子を搭載している
  • アナログ入力端子を搭載している
  • 同軸デジタル出力端子を搭載している
  • アナログ出力端子を搭載している
  • 光デジタル出力端子を搭載している

ヤマハ WXC-50 (2016) の特徴・特性についてレビューしてみた

プレーヤー性能についての評価詳細

サンプリング周波数について

高いサンプリング周波数のネットワークオーディオプレーヤーはより高品質な音で再生できる点で秀でています。例えば超音波領域を再現したいときに向いているといえそうです。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」のサンプリング周波数は192kHzです。一般的なものと比較してこのネットワークオーディオプレーヤーのサンプリング周波数はすごく低いほうに入るネットワークオーディオプレーヤーだと言えるでしょう。

サンプリング周波数に関心が無くても普通に利用していて不満を感じる可能性があるため一つ上を検討した方が良さそうです。

サンプリング周波数評価
ヤマハ WXC-50 (2016)192kHz11/100

ハイレゾ対応について

ハイレゾに対応しているネットワークオーディオプレーヤーはより高音質で音楽を聴く事ができるため優れています。たとえば高音質な音楽を聴く事が出来るので、音質重視の音楽を聴く事が多い人が使用するなら適しています。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」はハイレゾに対応しているネットワークオーディオプレーヤーです。スタジオ音源に近い高音質な音楽を再現できるのでこのネットワークオーディオプレーヤーは良いでしょう。「ヤマハ WXC-50 (2016)」は人間の聴覚の性能を超えたクオリティで使用したいときにおすすめです。

ヤマハ WXC-50 (2016) の出力端子について

同軸デジタル出力端子の搭載について

同軸デジタル出力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーは同軸デジタル出力端子を用いて利用できるので、優秀と言えそうです。特に音全体のバランスが良く再生するならオススメです。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」は同軸デジタル出力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーです。高級なプレイヤーに問う際されており、より高音質の音楽を再生できる点でこのネットワークオーディオプレーヤーは優れているといえそうです。クリアな音響を再現したいときに「ヤマハ WXC-50 (2016)」はお勧めだと思います。

アナログ出力端子の搭載について

アナログ出力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーはアナログ音源を再生できる為、優れているといえなくもないでしょう。例えばアナログ信号で古い機器などにも接続するようなとき、適しています。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」はアナログ出力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーです。そのためこのネットワークオーディオプレーヤーはアナログ機器に接続ができるという点で優秀といえるかもしれません。2本のケーブルで高速伝送したい人がするようなとき「ヤマハ WXC-50 (2016)」はおすすめです。

光デジタル出力端子の搭載について

光デジタルに対応する機器を接続できるという点で光デジタル出力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーはよいと言えるかもしれません。たとえば光信号にて高精度な信号を通信するときにお勧めと言えるかもしれません。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」は光デジタル出力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーです。そのためこのネットワークオーディオプレーヤーは音質を劣化させる事なく高音質のまま再生できるという点で優れていそうです。光デジタル端子を持つ機器と接続して使用するときに「ヤマハ WXC-50 (2016)」は適しています。

ヤマハ WXC-50 (2016) の接続機能について

Wi-Fi接続対応について

ケーブルで接続することなくワイヤレスで接続できる点でWi-Fi接続に対応しているネットワークオーディオプレーヤーは良いです。たとえばスマートフォンと連動する時にオススメだと思います。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」はWi-Fi接続に対応しているネットワークオーディオプレーヤーです。そのためWi-Fiにて無線通信できるといった点で秀でていると言えるかもしれません。「ヤマハ WXC-50 (2016)」はケーブルがなくてもネットワーク接続出来、そこから音楽の再生をするような場合にお勧めだと思います。

PREOUT端子搭載について

PREOUT端子に対応しているネットワークオーディオプレーヤーはハイレゾなどの高音質の音源を再生できるので優れています。ボリュームと連動した、パワーアンプなどに接続する際に使用したいなら向いています。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」はPREOUT端子に対応しているネットワークオーディオプレーヤーです。パワーアンプやウーハーと接続できる点においてこのネットワークオーディオプレーヤーは優れた部類に入るでしょう。「ヤマハ WXC-50 (2016)」はパワーアンプの前段にある出力端子で、パワーアンプやサブウーファーと接続したいようなときにお勧めと思います。

AirPlayへの対応について

AirPlayに対応しているネットワークオーディオプレーヤーは音質を劣化させる事なくワイヤレスで使用できるので優秀です。iPhoneを使用している人が自分のスマホのお気に入りリストを再生したいような時に適しています。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」はAirPlayに対応しているネットワークオーディオプレーヤーです。iPhoneやiPadと接続できるのでこのネットワークオーディオプレーヤーは優れています。「ヤマハ WXC-50 (2016)」はiPhoneやiPadなどのApple製品端末から、プレイヤーにワイヤレス転送するときにオススメと言えるでしょう。

DLNA対応について

DLNA機器とネットワークを通じてデータをやりとりできるという点でDLNAに対応しているネットワークオーディオプレーヤーは優れていると言えるでしょう。特に対応製品が多く機器を自由に選択する時、お勧めです。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」はDLNAに対応しているネットワークオーディオプレーヤーです。自室のPCにある音源をリビングにあるネットワークオーディオプレーヤーで聴くことができるためこのネットワークオーディオプレーヤーは秀でてます。「ヤマハ WXC-50 (2016)」は家庭内LANを通じて音源のやり取りをしたい人が使用したい時に向いています。

Spotifyへの対応について

Spotifyのアプリをリモコンにして、対応する様々なデバイスから直接音楽を再生できる点においてSpotifyに対応しているネットワークオーディオプレーヤーは秀でていると言えるかもしれません。Spotifyから曲を聞いたりしたいようなときにお勧めだと思います。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」はSpotifyに対応しているネットワークオーディオプレーヤーです。スマホのバッテリーをセーブでき、音楽を聴きながらスマホで通話したりゲームもできるといった点でこのネットワークオーディオプレーヤーは良いと思います。スマホなどと接続して手軽に視聴するとき「ヤマハ WXC-50 (2016)」は適しています。

ヤマハ WXC-50 (2016) の入力端子を詳しく評価

光デジタル入力端子の搭載について

光デジタル入力に対応する機器と接続できるといった点で光デジタル入力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーは秀でているかもしれません。ノイズが少なく綺麗に音を再生したい時に適していると言えそうです。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」は光デジタル入力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーです。光ケーブルを使って光信号を送受信するため、信号を送信する際のノイズや劣化が少なく、アナログ接続に比べて高音質を実現できる為、このネットワークオーディオプレーヤーは秀でていると言えるでしょう。光ケーブルを使って光信号を送受信するため、信号を送信する際のノイズや劣化が少なく、アナログ接続に比べて高音質を実現するようなとき「ヤマハ WXC-50 (2016)」はおすすめだと思います。

アナログ入力端子の搭載について

アナログ入力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーはアナログ端子を持つ機器と接続して使用できるため優秀と言えるでしょう。たとえばアナログ出力端子しかない機器と接続して使用したいときにオススメと言えるかもしれません。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」はアナログ入力端子を搭載しているネットワークオーディオプレーヤーです。安価なケーブルで接続できるので、このネットワークオーディオプレーヤーは優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。「ヤマハ WXC-50 (2016)」はアナログ機器に接続するような場合にお勧めです。

ヤマハ WXC-50 (2016) の基本仕様に関する徹底評価

本体サイズについて

本体サイズが小さいネットワークオーディオプレーヤーは狭い室内のスペースでも設置できる点においてよいです。設置スペースに余裕のない人が使用したい時にオススメといえるかもしれません。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」の本体サイズは245.9mm × 214mm × 51.5mmです。このネットワークオーディオプレーヤーの本体サイズはすごく小さいと言えます。またこの商品はコンパクトなので持ち運びしやすくできるといった点で大変優秀と言えるでしょう。室内でプレーヤーを移動する事が多い人が使用したいような時に「ヤマハ WXC-50 (2016)」はとても適していると言えるでしょう。

実際のところ本体サイズについての「ヤマハ WXC-50 (2016)」の使用感は非常に優秀と言えるかもしれません。そのためこのネットワークオーディオプレーヤーを選ぶ上で大きな判断材料となると思います。本体サイズという視点でこれ以上小さいネットワークオーディオプレーヤーでもほぼ意味がないと思われます。

本体サイズ評価
ヤマハ WXC-50 (2016)245.9mm × 214mm × 51.5mm91/100

重量について

本体重量が軽いネットワークオーディオプレーヤーは手軽に持ち運びできるので、優れています。別の部屋に持ち運びしたいような場合にお勧めです。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」の重量は1.44kgです。これはかなり軽い方に入るネットワークオーディオプレーヤーです。移動するのが容易で模様替えなどが簡単にできる点でこの商品は優秀な部類に入るといえなくもありません。軽量であるため様々な場所に移動させて使用するとき「ヤマハ WXC-50 (2016)」は向いていると言えそうです。

実際「ヤマハ WXC-50 (2016)」は重量という点においてとても優秀な部類に入るでしょう。重量という観点でこれよりも軽いネットワークオーディオプレーヤーを選んでもほとんど意味がないと思われます。

重量評価
ヤマハ WXC-50 (2016)1.44kg86/100

消費電力について

電気代を気にせず長時間使用できるという点で小さい消費電力のネットワークオーディオプレーヤーは秀でていそうです。電力を抑えて使用したいときにオススメです。

「ヤマハ WXC-50 (2016)」の消費電力は12Wです。これは普通のものとくらべて割と小さい消費電力です。消費電力が小さいほど電気代を低く抑えることができるためこの商品は割と秀でているといえそうです。オーディオプレーヤー使用時の電力を節電するのに「ヤマハ WXC-50 (2016)」は比較的適しています。

消費電力に関する実際「ヤマハ WXC-50 (2016)」は使用感は比較的秀でているといえるかもしれません。そのため消費電力という点場合、このネットワークオーディオプレーヤーは一つの候補でしょう。通常利用であれば問題ないと言えますが、全体でみるともう一つ上のネットワークオーディオプレーヤーのネットワークオーディオプレーヤーもあるため決定的に優れている程ではありません。

消費電力評価
ヤマハ WXC-50 (2016)12W72/100

ヤマハ WXC-50 (2016) に関する情報概要

ヤマハ WXC-50 (2016)
画像ヤマハ WXC-50 (2016)
本体サイズ245.9mm × 214mm × 51.5mm
重量1.44kg
消費電力12W
対応ファイルフォーマットWAV,MP3,WMA,MPEG-4 AAC,FLAC,ALAC,AIFF,DSD
サンプリング周波数192kHz
サンプリング周波数WAV/FLAC/AIFF:192kHz,ALAC:96kHz,MP3/WMA/MPEG-4 AAC:48kHz
量子化ビット数AIFF,WAV,FLAC,ALAC:24bit
ハイレゾに対応しているかどうか
Wi-Fi接続に対応しているかどうか
USB端子USB×1(USB2.0)
BluetoothバージョンBluetooth 2.1+EDR/Class2
Bluetoothコーデック受信:SBC/AAC,送信:SBC
PREOUT端子に対応しているかどうか
AirPlayに対応しているかどうか
DLNAに対応しているかどうか
Spotifyに対応しているかどうか
光デジタル入力端子を搭載しているかどうか
アナログ入力端子を搭載しているかどうか
入力端子光デジタル入力:1系統/アナログ入力:1系統
出力端子同軸デジタル出力:1系統/光デジタル出力:1系統/アナログ出力:1系統
同軸デジタル出力端子を搭載しているかどうか
アナログ出力端子を搭載しているかどうか
光デジタル出力端子を搭載しているかどうか

類似のネットワークオーディオプレーヤーを探す

他のネットワークオーディオプレーヤーと比較する

価格をチェック

ヤマハ WXC-50 (2016) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。