HT-NT3 のメリットデメリットを検証|ほかのサウンドバーと比較したときのオススメ度をまとめてみました

作成日時: 2021-10-15 13:19:40、更新日時: 2021-10-20 16:58:35

 HT-NT3 を徹底評価

HT-NT3 の利便性を徹底レビューしています。どういう点において良い点・悪い点があるサウンドバーか? HT-NT3 にするべきか悩んでいるひと必見です

HT-NT3は最新のサウンドバーの1つであり、その製品構造は非常に優れています。このサウンドバーは、リモコン対応であり、操作が簡単で便利です。サラウンド最大出力は266Wであり、音声のクオリティは高く、自宅で映画を見る際にも絶好の選択肢です。アンプ重量は3.1kgであり、コンパクトで取り扱いも容易です。ウーハー最大出力は134Wであり、音声効果をより強力にするための追加のパワーがあります。また、ハイレゾ対応もしており、高音質の音声を提供します。

このサウンドバーは、電源連動機能も備えており、テレビとの接続が容易です。DolbyDigital対応およびDTS対応であり、映画の臨場感を最大限に引き出すことができます。NFC対応とBluetooth接続対応で、スマートフォンやタブレットからの音声の再生も簡単にできます。HDMI入力端子数は3系統あり、複数の機器を接続することができます。HDMI端子は入力端子が3系統、出力端子が1系統で、ARC対応にもなっています。光デジタル対応であり、光デジタル端子も1系統あります。ワイヤレスおよびWi-Fi接続にも対応しており、さまざまな環境で使用することができます。LAN接続およびUSB接続にも対応しています。

総合的に、HT-NT3は素晴らしい製品であり、音声のクオリティが非常に高く、多数の機能が備わっています。特に、映画やドラマを見る際には臨場感あふれる音声を体験できるため、おすすめです。

HT-NT3 の特性や特長について詳細に評価してみた

再生機能について

ハイレゾ対応について

ハイレゾに対応しているサウンドバーは高品質な音楽を提供できる点で秀でているかもしれません。ハイレゾ音源を視聴するなら適しています。

HT-NT3はハイレゾに対応しているサウンドバーです。ハイレゾ音源を忠実に再現できる為、このサウンドバーは良い部類に入るでしょう。HT-NT3は音声の高低や繊細さを楽しむために例えばCDの6.5倍の情報量で音声を構築したい時に向いています。

電源連動機能について

接続している機器側の電源のON/OFF状態に連動して電源状態を変えることができるため、電源連動機能を搭載しているサウンドバーは優れた部類に入るかもしれません。テレビの電源だけで操作するような場合にお勧めです。

HT-NT3は電源連動機能を搭載しているサウンドバーです。そのためこのサウンドバーはテレビと個別に電源を入れる手間を省略できるといった点で秀でた部類に入るかと思います。HT-NT3は視聴したいときにいちいちサウンドバーの電源を操作せず使用する場合に適しているといえるかもしれません。

HT-NT3 の基本仕様についての詳細評価

リモコン対応について

リモコンに対応しているサウンドバーはリモコンによって音声他を簡単に操作できる点で優れているといえそうです。離れたところからリモコンで操作したいような時に適しています。

HT-NT3はリモコンに対応しているサウンドバーです。離れたところからの遠隔操作ができるといった点でこのサウンドバーは良い部類に入ると思います。離れた場所から気軽に操作するようなときHT-NT3は適しています。

スピーカーについて

サラウンド最大出力について

サラウンド最大出力が大きいサウンドバーは高い出力の臨場感のある音声を出力できるので優れてます。特に手軽に高音質を体験する場合、おすすめだと思います。

サラウンド最大出力について、HT-NT3は266Wです。これは比較的大きいサラウンド最大出力と言えます。音の歪を気にせずサウンドを聴く事ができるのでこの商品はどちらかと言うとよいかと思います。音響効果が高く、迫力あるサウンドで楽しめるので、映画鑑賞したいときにHT-NT3は比較的向いていると言えるかもしれません。

実際の所のHT-NT3はサラウンド最大出力という視点で見た時比較的よいと言えるかもしれません。

サラウンド最大出力評価
HT-NT3266W76/100

アンプ重量について

アンプ重量が軽いサウンドバーは不安定な場所にも設置できるため優秀です。外出先など持ち運んで利用したい時にオススメだと思います。

HT-NT3のアンプ重量は3.1kgです。一般的なものと比べてこのサウンドバーのアンプ重量はほぼ同程度です。気軽に持ち運びできるので、さまざまな場所でサウンドバーを使いたい人が使用したい場合について通常ならHT-NT3でも多分問題に感じることはないでしょう。

HT-NT3は実際のところアンプ重量という観点から見た時そこそこと言ったレベルです。普通に使う分にはあまり困らないくらいのものであるため、このサウンドバーが決定的とまでは言えないでしょう。こだわりが強い人には不満を感じる可能性が高く、もう一つ上を検討した方がいいでしょう。

アンプ重量評価
HT-NT33.1kg49/100

ウーハー最大出力について

ウーハー最大出力が大きいサウンドバーは重低音をより聴くことができる点で秀でているといえなくもないでしょう。より迫力のある音声を求めるときに使用するのにおすすめです。

ウーハー最大出力についてHT-NT3は134Wです。このサウンドバーの最大出力は極めて大きいと言えるサウンドバーでしょう。より迫力のある低音を聞くことができるため、この商品は非常に秀でていると言えるかもしれません。HT-NT3は迫力ある重低音を再現するのにお勧めだと思います。

実の所ウーハー最大出力に関するHT-NT3の使用感は並外れて秀でた部類に入るでしょう。

ウーハー最大出力評価
HT-NT3134W80/100

接続機能に関する HT-NT3 の詳細評価について

HDMI入力端子数について

HT-NT3のHDMI入力端子数は3系統です。これはほどよく多いと言えるでしょう。

実の所HDMI入力端子数という視点に関する実際の使用感は割と秀でているでしょう。普通に使う分には十分と思われますが、ストレスフリーのためもう一つ上を見てみてもいいでしょう。

HDMI入力端子数評価
HT-NT33系統76/100

光デジタル対応について

音響機器からデジタル音声信号を伝送することができるため、光デジタル端子に対応しているサウンドバーは優れていると思います。低域から高音域までの高音質サウンドを立体的に堪能したいようなときにおすすめだと思います。

HT-NT3は光デジタル端子に対応しているサウンドバーです。簡単に高音質なデジタルデータを伝送できるため、このサウンドバーは優秀です。アナログに変換する事での音の劣化を防ぎたいという人が使用したいときにHT-NT3はおすすめです。

ワイヤレス接続について

省スペースで立体音響を体験できるため、ワイヤレス接続に対応しているサウンドバーは優秀です。ケーブルによる音の劣化を防ぎたいと思っている人が使用するようなとき向いています。

HT-NT3はワイヤレス接続に対応しているサウンドバーです。通信ケーブルを使わずに済み周辺をすっきりできるので、このサウンドバーは優れていると言えるでしょう。HT-NT3はスマホやPCなどとワイヤレスで接続し、Bluetoothスピーカーとして使用したいような時に向いています。

Bluetooth接続について

Bluetooth接続ができるサウンドバーは無線で機器と接続できるという点で優れていそうです。例えばイヤホンなどと併用したいようなときに適しているといえそうです。

HT-NT3はBluetooth接続ができるサウンドバーです。Bluetooth搭載機器とワイヤレス接続して音楽を楽しむことができるのでこのサウンドバーは優れているといえなくもありません。無駄な配線を減らす事が出来るので、出来るだけ室内の配線を減らしたいと思っている人が使用するときHT-NT3はおすすめです。

Wi-Fi接続について

Wi-Fi接続に対応しているサウンドバーは無線でインターネットに接続できる為、優秀といえるかもしれません。無線で音楽を受信再生したいような場合に向いていると言えるでしょう。

HT-NT3はWi-Fi接続に対応しているサウンドバーです。そのため離れた場所から操作できるといった点で優れていると言えるでしょう。HT-NT3はケーブルレスでデータの伝送したいときにお勧めと言えるでしょう。

LAN接続について

LAN接続ができるサウンドバーはネット経由で音楽を楽しむ事ができる為、優秀と言えるでしょう。PCやスマホ内の音楽を優れた音質で再生する場合にお勧めです。

HT-NT3はLAN接続ができるサウンドバーです。そのためこのサウンドバーはLANケーブルで接続できるという点で良い部類に入るでしょう。HT-NT3は自由に配線して設置するようなときにお勧めです。

USB接続への対応について

USB接続ができるサウンドバーはUSBケーブル1本だけで簡単に接続できるといった点で優秀な部類に入るでしょう。パソコンなどと接続するような場合におすすめだと思います。

HT-NT3はUSB接続ができるサウンドバーです。そのためこのサウンドバーはPCやスマートフォンと接続することができる点で優れた部類に入るといえなくもないでしょう。HT-NT3はテレビのUSB端子などから電源を取る事が出来るので、コンセントの少ない場所でサウンドバーを使用したいと思っている人が使用する時にオススメだと思います。

HT-NT3 の対応規格について詳細に評価

DolbyDigitalへの対応について

DolbyDigitalに対応しているサウンドバーはHDMIの入力が一つしかないが、セレクターをかませて使用できるので、優秀です。特に高品質なサラウンドサウンドで音楽を鑑賞したいような場合に適しています。

HT-NT3はDolbyDigitalに対応しているサウンドバーです。音声トラックの重要な部分を保持し、余剰データを排除できるのでこのサウンドバーは秀でています。例えば音声をデジタル的に圧縮することでデータ量を減らすデジタル符号化方式であるDolbyDigitalを使用するときにHT-NT3はお勧めです。

DTS対応について

広がりの大きなサウンドを楽しむ事ができる点においてDTSに対応しているサウンドバーは優れていると言えそうです。DTS は圧縮率が低いのが特長で、その為アナログ音声に戻す処理の時に元になる情報量が多く高音質なサウンドを堪能するのに向いているといえそうです。

HT-NT3はDTSに対応しているサウンドバーです。元になる情報量が多く高音質なサウンドを楽しむことできる点においてこのサウンドバーは秀でているといえなくもありません。バーチャルサラウンドという立体感のある音響を堪能するときHT-NT3は適しています。

NFC対応について

NFCを搭載した機器を近づけるだけで通信できる為、NFCに対応しているサウンドバーは優れているでしょう。機器を近づけてかざすだけで通信するのにおすすめと言えるでしょう。

HT-NT3はNFCに対応しているサウンドバーです。対象機器をかざすだけでBluetoot接続できるためこのサウンドバーはよいといえなくもないでしょう。HT-NT3は時間によってヘッドフォンと併用したいならお勧めです。

HT-NT3 を選ぶべき15つの理由

  • やや大きいサラウンド最大出力
    (17位/199製品)
  • 非常に大きいウーハー最大出力
    (19位/159製品)
  • HDMI入力端子数は比較的多い
    (23位/190製品)
  • リモコンに対応している
  • ハイレゾに対応している
  • 電源連動機能を搭載している
  • DolbyDigitalに対応している
  • DTSに対応している
  • NFCに対応している
  • 光デジタル端子に対応している
  • ワイヤレス接続に対応している
  • Bluetooth接続ができる
  • Wi-Fi接続に対応している
  • LAN接続ができる
  • USB接続ができる

HT-NT3 を表で情報一覧を見る

HT-NT3
画像HT-NT3
製品構造サウンドバー
リモコンに対応しているかどうか
サラウンド最大出力266W
アンプ重量3.1kg
ウーハー最大出力134W
ハイレゾに対応しているかどうか
電源連動機能を搭載しているかどうか
DolbyDigitalに対応しているかどうか
DTSに対応しているかどうか
NFCに対応しているかどうか
HDMI入力端子数3系統
HDMI端子入力端子:3系統/出力端子:1系統/(ARC対応)
光デジタル端子に対応しているかどうか
光デジタル端子1系統
ワイヤレス接続に対応しているかどうか
Bluetooth接続ができるかどうか
Wi-Fi接続に対応しているかどうか
LAN接続ができるかどうか
USB接続ができるかどうか

類似のサウンドバーを探す

他のサウンドバーと比較する

価格をチェック

HT-NT3 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

HT-NT3 と評価が同程度のサウンドバーを探す

本体重量:1.9kg, チャンネル数:2.1ch, サラウンド最大出力:40W, ウーハー重量:3.9kg, ウーハー最大出力:60W, HDMI入力端子数:0系統

サラウンド最大出力:30W, ウーハー最大出力:50W

サラウンド最大出力:240W, ウーハー重量:10.5kg, ウーハー最大出力:80W, HDMI入力端子数:3系統

本体重量:2.4kg, チャンネル数:2.1ch, サラウンド最大出力:180W, ウーハー重量:6.6kg, ウーハー最大出力:90W, HDMI入力端子数:3系統

サラウンド最大出力:300W, ウーハー最大出力:100W, HDMI入力端子数:3系統

本体重量:2.8kg, サラウンド最大出力:200W, ウーハー重量:7.9kg, ウーハー最大出力:100W, HDMI入力端子数:3系統

本体重量:3.2kg, チャンネル数:2.1ch, サラウンド最大出力:270W, ウーハー重量:8.1kg, ウーハー最大出力:130W, HDMI入力端子数:3系統

チャンネル数:2.1ch, サラウンド最大出力:160W, ウーハー最大出力:150W, HDMI入力端子数:2系統

サラウンド最大出力:50W, ウーハー最大出力:50W, HDMI入力端子数:1系統

チャンネル数:7.1ch, サラウンド最大出力:280W, アンプ重量:11kg, ウーハー最大出力:100W, HDMI入力端子数:3系統

本体重量:6.8kg, チャンネル数:7.1ch, ウーハー重量:16kg, ウーハー最大出力:200W, HDMI入力端子数:3系統

チャンネル数:3.1ch, サラウンド最大出力:60W, アンプ重量:7.6kg, ウーハー最大出力:40W, HDMI入力端子数:3系統

HT-NT3 の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

HT-NT3

70.6-サラウンド最大出力:266W, アンプ重量:3.1kg, ウーハー最大出力:134W, HDMI入力端子数:3系統

HT-X8500

40.8本体サイズ:89cm × 96mm × 64mm, 本体重量:3.1kg, チャンネル数:2.1ch, サラウンド最大出力:80W, アンプ重量:3.1kg, ウーハー最大出力:80W, HDMI入力端子数:1系統

HT-S100F

52.2本体サイズ:90cm × 88mm × 64mm, 本体重量:2.4kg, チャンネル数:2ch, サラウンド最大出力:100W, アンプ重量:2.4kg, ウーハー重量:2.4kg, HDMI入力端子数:1系統

HT-A7000

32.1本体サイズ:1.3m × 142mm × 80mm, 本体重量:8.7kg, チャンネル数:7.1ch, HDMI入力端子数:2系統

HT-ST5000

41.2本体重量:8.8kg, チャンネル数:7.1ch, サラウンド最大出力:600W, アンプサイズ:1.18m × 145mm × 80mm, アンプ重量:8.8kg, ウーハーサイズ:42.6cm × 40.3cm × 248mm, ウーハー重量:14.5kg, ウーハー最大出力:200W, HDMI入力端子数:3系統

HT-G700

49.9チャンネル数:3.1ch, サラウンド最大出力:300W, アンプサイズ:98cm × 108mm × 64mm, アンプ重量:3.5kg, ウーハーサイズ:40.6cm × 387mm × 192mm, ウーハー重量:7.5kg, ウーハー最大出力:100W, HDMI入力端子数:1系統

HT-Z9F

48.5本体重量:11.2kg, チャンネル数:3.1ch, サラウンド最大出力:300W, アンプサイズ:1m × 99mm × 64mm, アンプ重量:3.1kg, ウーハーサイズ:386mm × 382mm × 190mm, ウーハー重量:8.1kg, ウーハー最大出力:100W, HDMI入力端子数:2系統

HT-S200F(B)

48.9本体サイズ:58cm × 95mm × 64mm, 本体重量:2.3kg, チャンネル数:2.1ch, サラウンド最大出力:50W, アンプ重量:2.3kg, ウーハー重量:2.3kg, ウーハー最大出力:30W, HDMI入力端子数:1系統

本体サイズ

画像製品名評価比較したときのおススメ度本体サイズ

HT-NT3

0.0-

HT-X8500

50.3本体サイズ:89cm × 96mm × 64mm

HT-S100F

56.0本体サイズ:90cm × 88mm × 64mm

HT-A7000

4.1本体サイズ:1.3m × 142mm × 80mm

HT-S200F(B)

84.8本体サイズ:58cm × 95mm × 64mm

HT-S200F(W)

84.8本体サイズ:58cm × 95mm × 64mm

チャンネル数

画像製品名評価比較したときのおススメ度チャンネル数

HT-NT3

0.0-

HT-X8500

20.7チャンネル数:2.1ch

HT-S100F

19.1チャンネル数:2ch

HT-A7000

60.9チャンネル数:7.1ch

HT-ST5000

60.9チャンネル数:7.1ch

HT-G700

33.5チャンネル数:3.1ch

HT-Z9F

33.5チャンネル数:3.1ch

HT-S200F(B)

20.7チャンネル数:2.1ch

サラウンド最大出力

画像製品名評価比較したときのおススメ度サラウンド最大出力

HT-NT3

76.1-サラウンド最大出力:266W

HT-X8500

40.1サラウンド最大出力:80W

HT-S100F

46.8サラウンド最大出力:100W

HT-ST5000

97.8サラウンド最大出力:600W

HT-G700

79.7サラウンド最大出力:300W

HT-Z9F

79.7サラウンド最大出力:300W

HT-S200F(B)

26.0サラウンド最大出力:50W

HT-S350

54.6サラウンド最大出力:130W

アンプの大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度アンプの大きさ

HT-NT3

0.0-

HT-ST5000

23.9アンプサイズ:1.18m × 145mm × 80mm

HT-G700

59.5アンプサイズ:98cm × 108mm × 64mm

HT-Z9F

62.9アンプサイズ:1m × 99mm × 64mm

HT-S350

74.2アンプサイズ:90cm × 88mm × 64mm

HT-X9000F

79.2アンプサイズ:93cm × 85mm × 58mm

HT-MT500

92.6アンプサイズ:50cm × 110mm × 64mm

HT-ST7

9.7アンプサイズ:1.08m × 130mm × 129mm

アンプ重量

画像製品名評価比較したときのおススメ度アンプ重量

HT-NT3

49.9-アンプ重量:3.1kg

HT-X8500

49.9アンプ重量:3.1kg

HT-S100F

63.1アンプ重量:2.4kg

HT-G700

43.6アンプ重量:3.5kg

HT-Z9F

49.9アンプ重量:3.1kg

HT-S200F(B)

65.3アンプ重量:2.3kg

HT-S350

63.1アンプ重量:2.4kg

HT-X9000F

61.0アンプ重量:2.5kg

ウーハーの大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度ウーハーの大きさ

HT-NT3

0.0-

HT-ST5000

5.1ウーハーサイズ:42.6cm × 40.3cm × 248mm

HT-G700

30.8ウーハーサイズ:40.6cm × 387mm × 192mm

HT-Z9F

36.4ウーハーサイズ:386mm × 382mm × 190mm

HT-S350

35.6ウーハーサイズ:390mm × 382mm × 190mm

HT-X9000F

36.2ウーハーサイズ:387mm × 382mm × 190mm

HT-MT500

89.1ウーハーサイズ:383mm × 380mm × 95mm

HT-ST7

12.2ウーハーサイズ:41.1cm × 391mm × 241mm

ウーハー重量

画像製品名評価比較したときのおススメ度ウーハー重量

HT-NT3

0.0-

HT-S100F

97.9ウーハー重量:2.4kg

HT-G700

53.0ウーハー重量:7.5kg

HT-Z9F

46.3ウーハー重量:8.1kg

HT-S200F(B)

97.9ウーハー重量:2.3kg

HT-S350

49.6ウーハー重量:7.8kg

HT-X9000F

49.6ウーハー重量:7.8kg

HT-S200F(W)

97.9ウーハー重量:2.3kg

ウーハー最大出力

画像製品名評価比較したときのおススメ度ウーハー最大出力

HT-NT3

80.1-ウーハー最大出力:134W

HT-X8500

56.4ウーハー最大出力:80W

HT-ST5000

97.8ウーハー最大出力:200W

HT-G700

66.7ウーハー最大出力:100W

HT-Z9F

66.7ウーハー最大出力:100W

HT-S200F(B)

11.4ウーハー最大出力:30W

HT-S350

66.7ウーハー最大出力:100W

HT-X9000F

66.7ウーハー最大出力:100W

HDMI入力端子数

画像製品名評価比較したときのおススメ度HDMI入力端子数

HT-NT3

76.3-HDMI入力端子数:3系統

HT-X8500

32.7HDMI入力端子数:1系統

HT-S100F

32.7HDMI入力端子数:1系統

HT-A7000

54.5HDMI入力端子数:2系統

HT-ST5000

76.3HDMI入力端子数:3系統

HT-G700

32.7HDMI入力端子数:1系統

HT-Z9F

54.5HDMI入力端子数:2系統

HT-S200F(B)

32.7HDMI入力端子数:1系統

サウンドバーランキング

カテゴリ一覧

人気サウンドバー

5位

8位

9位

10位

15位

16位

19位

関連人気記事

新着情報