パイオニア HTP-SB510 の評価をレビュー|ほかのサウンドバーとくらべた場合の良し悪しを検証しました

作成日時: 2021-10-15 18:42:13、更新日時: 2021-10-20 16:25:13

 パイオニア HTP-SB510 を徹底評価

パイオニア HTP-SB510 の利便性を徹底レビューしています。どういう点において良い点・悪い点があるサウンドバーか? パイオニア HTP-SB510 にするべきか悩んでいるひと必見です

評価のサマリー

総合評価

71.5/100

(総合: 26位)

項目得点
ウーハー最大出力
66/100
HDMI入力端子数
76/100
総合評価71.5/100

パイオニア HTP-SB510は、サウンドバーとしての機能に加えて、最大出力100Wのウーハー、DolbyDigital対応、DTS対応などの高性能な機能を備えています。また、HDMI入力端子が3系統もあるため、テレビやBlu-rayプレーヤー、ゲーム機など、複数の機器を接続して利用することが可能です。そして、入力端子が3系統であるだけでなく、出力端子も1系統備えており、テレビなどに余分な接続を追加する必要がありません。音声効果は、映画視聴時のドラマチックな音響体験に最適です。総合的に見て、パイオニア HTP-SB510は高性能であり、ホームシアターの音響体験を強化するのに理想的な選択肢であると推奨します。

メリット

  • 多いHDMI入力端子数

デメリット

    -

特徴

  • DolbyDigitalに対応している
  • DTSに対応している

表で パイオニア HTP-SB510 に関する情報概要を見る

パイオニア HTP-SB510
画像パイオニア HTP-SB510
製品構造サウンドバー
ウーハー最大出力100W
DolbyDigitalに対応しているかどうか
DTSに対応しているかどうか
HDMI入力端子数3系統
HDMI端子入力端子:3系統/出力端子:1系統

類似のサウンドバーを探す

価格をチェック

パイオニア HTP-SB510 の特性や特長について詳細に評価してみた

スピーカーを詳細評価する

ウーハー最大出力について

ウーハー最大出力が大きいサウンドバーは重低音をより聴くことができる点で秀でているといえなくもないでしょう。より迫力のある音声を求めるときに使用するのにおすすめです。

ウーハー最大出力について「パイオニア HTP-SB510」は100Wです。普通のサウンドバーと比べるとこのサウンドバーのウーハー最大出力はやや大きいと言えます。より迫力のある低音を聞くことができる点においてこの商品はどちらかと言うと秀でた部類に入るといえなくもないでしょう。より重低音を綺麗に視聴するなら「パイオニア HTP-SB510」は比較的お勧めです。

ウーハー最大出力における「パイオニア HTP-SB510」の使用感はやや秀でていると言えそうです。普通に使う分には問題ないと言えますが、こだわりが強い人は一つ上を検討してもいいでしょう。

ウーハー最大出力評価
パイオニア HTP-SB510100W66/100

接続機能についての パイオニア HTP-SB510 の詳細情報

HDMI入力端子数について

HDMI入力端子数について「パイオニア HTP-SB510」は3系統です。これは標準と比較するとほどよく多いHDMI入力端子数です。

実のところHDMI入力端子数という点における「パイオニア HTP-SB510」の使用感はどちらかといえば秀でた部類に入るでしょう。普通に使う分には十分と思われますが、ストレスフリーのためもう一つ上を見てみてもいいでしょう。

HDMI入力端子数評価
パイオニア HTP-SB5103系統76/100

対応規格について詳細評価してみた

DolbyDigitalへの対応について

立体的な音響効果ができるといった点でDolbyDigitalに対応しているサウンドバーはよいといえるかもしれません。低音から高音まで聴く事が出来るので、バランスの良いサウンドで映画などを楽しみたいという人が使用するようなときおすすめと言えそうです。

「パイオニア HTP-SB510」はDolbyDigitalに対応しているサウンドバーです。サラウンドを楽しむ事ができるため、このサウンドバーは優れているかと思います。従来型のステレオでは楽しむことができない360度音に包まれるような感覚を味わいたい人が使用したい時に「パイオニア HTP-SB510」はおすすめです。

DTS対応について

音声データの劣化や不良による影響を受けず使用することができる点においてDTSに対応しているサウンドバーは優れているといえなくもありません。3次元の立体音響を臨場感あるサウンドを体感したいような時にオススメと言えるかもしれません。

「パイオニア HTP-SB510」はDTSに対応しているサウンドバーです。音質の高いサウンドが鑑賞できる為、このサウンドバーは優秀な部類に入るかもしれません。「パイオニア HTP-SB510」は映画館の音声を実現したいような時に向いています。

パイオニア HTP-SB510 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パイオニア HTP-SB510 と評価が同程度のサウンドバーを探す

SONY HT-CT780

本体重量:2.8kg, サラウンド最大出力:200W, ウーハー重量:7.9kg, ウーハー最大出力:100W, HDMI入力端子数:3系統

SONY HT-NT5

本体重量:3.2kg, チャンネル数:2.1ch, サラウンド最大出力:270W, ウーハー重量:8.1kg, ウーハー最大出力:130W, HDMI入力端子数:3系統

パイオニア HTP-SB560

本体重量:13.49kg, チャンネル数:3.1ch, サラウンド最大出力:60W, アンプ重量:7.6kg, ウーハー重量:7.6kg, ウーハー最大出力:40W, HDMI入力端子数:3系統

パイオニア HTZ-HW919BD

本体重量:3.4kg, チャンネル数:2.1ch, アンプ重量:3.4kg, ウーハー重量:4.4kg, HDMI入力端子数:2系統

もっと見る ▼

パイオニア HTP-SB510 の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

パイオニア HTP-SB510

71.5-ウーハー最大出力:100W, HDMI入力端子数:3系統

LGエレクトロニクス HLS36W

76.3サラウンド最大出力:140W, ウーハー最大出力:140W

ハイセンス HS210

47.6本体重量:1.9kg, チャンネル数:2.1ch, サラウンド最大出力:40W, ウーハー重量:3.9kg, ウーハー最大出力:60W, HDMI入力端子数:0系統

ハイセンス HS512

60.0本体重量:4kg, サラウンド最大出力:200W, ウーハー重量:5.25kg, ウーハー最大出力:180W, HDMI入力端子数:2系統

SKジャパン HT-C1000

29.0サラウンド最大出力:30W, ウーハー最大出力:50W

SKジャパン HT-C1200

29.0サラウンド最大出力:30W, ウーハー最大出力:50W

SKジャパン HT-C810

15.0サラウンド最大出力:20W, ウーハー最大出力:30W

SKジャパン HT-C900D

15.0サラウンド最大出力:20W, ウーハー最大出力:30W

サラウンド最大出力

画像製品名評価比較したときのおススメ度サラウンド最大出力

パイオニア HTP-SB510

0.0-

LGエレクトロニクス HLS36W

70.0サラウンド最大出力:140W

ハイセンス HS210

26.0サラウンド最大出力:40W

ハイセンス HS512

80.4サラウンド最大出力:200W

SKジャパン HT-C1000

18.0サラウンド最大出力:30W

SKジャパン HT-C1200

18.0サラウンド最大出力:30W

SKジャパン HT-C810

10.0サラウンド最大出力:20W

SKジャパン HT-C900D

10.0サラウンド最大出力:20W

ウーハー最大出力

画像製品名評価比較したときのおススメ度ウーハー最大出力

パイオニア HTP-SB510

66.7-ウーハー最大出力:100W

LGエレクトロニクス HLS36W

82.5ウーハー最大出力:140W

ハイセンス HS210

50.0ウーハー最大出力:60W

ハイセンス HS512

87.5ウーハー最大出力:180W

SKジャパン HT-C1000

40.0ウーハー最大出力:50W

SKジャパン HT-C1200

40.0ウーハー最大出力:50W

SKジャパン HT-C810

20.0ウーハー最大出力:30W

SKジャパン HT-C900D

20.0ウーハー最大出力:30W

サウンドバーランキング

カテゴリ一覧

人気サウンドバー

関連人気記事

新着情報