タンノイ MERCURY V4i 評価レビュー

2023-06-02 15:44:24

総合評価

69.8/100

(総合順位: 4/1020)

評価項目点数
本体サイズ
77/100
本体重量
78/100
搭載ユニット数
37/100
出力音圧レベル
74/100
最低共振周波数
62/100
最高共振周波数
78/100
インピーダンス
85/100
許容入力
66/100
総合評価69.8/100

評価レビュー

スピーカーセット

搭載ユニット数

搭載ユニット数においてタンノイ MERCURY V4iは3つとなっています。これは搭載ユニット数が幾分か微妙なトールボーイスピーカーです。全てのトールボーイスピーカーの中でも比較的よくないと言えるかもしれません。評価得点は100点満点中37点です。

実際の活用を考えるとタンノイ MERCURY V4iはわりとイマイチなトールボーイスピーカーであることが分かるでしょう。このトールボーイスピーカーはお勧めできません。搭載ユニット数を気にする場合、このトールボーイスピーカーを使うべきではないと考えられるかもしれません。ともあれ搭載ユニット数を検討することで、より賢明な決断を下せるといえます。

搭載ユニット数評価
タンノイ MERCURY V4i3つ37/100

基本仕様

本体サイズ

タンノイ MERCURY V4iに関する本体サイズについては99.6cm × 281mm × 204mmとなっています。幾分か本体サイズが小さいトールボーイスピーカーであると言えます。Craft-Weekend.comの専門家による本体サイズにおけるスコア評価は100点満点中77.9点となっています。

本体サイズに関して実際的な点から考えるとタンノイ MERCURY V4iは高いレベルにあると言うことができるでしょう。したがってこのトールボーイスピーカーを考慮するうえで決め手の一つといえそうです。本体サイズは必要不可欠な指標の1つになるでしょう。

本体サイズ評価
タンノイ MERCURY V4i99.6cm × 281mm × 204mm77/100

本体重量

本体重量において、タンノイ MERCURY V4iは14.7kgになります。本体重量に関しては、高いレベルに位置し、100点中78.5点となっています。通常より、このトールボーイスピーカーの本体重量が比較的軽いと言えるトールボーイスピーカーです。

実際に活用する場面を考えると、タンノイ MERCURY V4iは標準よりまあまあ良いと感じると思います。ただ、絶対的とまでは必ずしもいえないため慎重に比較する必要性があるといえるでしょう。

本体重量評価
タンノイ MERCURY V4i14.7kg78/100

スピーカー性能

出力音圧レベル

タンノイ MERCURY V4iにおいて、出力音圧レベルは91dBというデータです。出力音圧レベルに関しては、比較的上回っていると考えることができそうです。得点は100点中74点と言えます。比較的出力音圧レベルが優れているトールボーイスピーカーであると言えるでしょう。大音量での再生や、BGMの流し放題など、このトールボーイスピーカーは優れた性能を備えています。その威力は、部屋全体をロックするほどの迫力があります。音響技術の進歩により、このスピーカーは今までにない臨場感を生み出します。

出力音圧レベルが大きいトールボーイスピーカーのメリットとして、大きな会場でも迫力のある音が楽しめます。また、音質も高く、細かい音までクリアに聞くことができます。さらに、スピーカーを置く場所を選ばなくても、音がしっかり響くため、設置場所に制限がありません。

これらの評価情報で明白なように、実践的な活用において考えると、出力音圧レベルについてタンノイ MERCURY V4iは通常と比較すると良いと感じられると思います。ただ、絶対的とまでは必ずしも断定できない点を留意する必要性があると言えます。

出力音圧レベル評価
タンノイ MERCURY V4i91dB74/100

最低共振周波数

最低共振周波数について、タンノイ MERCURY V4iは32Hzとなっています。これは最低共振周波数が優れているトールボーイスピーカーと言えます。本サイトの独自評価では100点満点中62点という評価得点をつけています。

最低共振周波数の点で考えるとタンノイ MERCURY V4iはそこそこ高いグレードに位置づけられると言えるでしょう。ただし、決定的とまでは必ずしも言えない点には要注意であることが分かるでしょう。

最低共振周波数評価
タンノイ MERCURY V4i32Hz62/100

最高共振周波数

最高共振周波数について、タンノイ MERCURY V4iは53kHzとなります。全トールボーイスピーカーの中で最高共振周波数に関する得点は優位にあるトールボーイスピーカーであり当サイトの独自評価では100点満点中78.3点をつけています。通常と比較するとこのトールボーイスピーカーの最高共振周波数が比較的高いと言えるトールボーイスピーカーだと分かります。このトールボーイスピーカーには、高い最高共振周波数が備わっています。そのため、音の分離がよく、音楽の解像度が高くなっています。さらに、低音と高音のバランスが良く、音がクリアに伝わるので、映画やドラマなどの音声も楽しめます。

最高共振周波数が高いトールボーイスピーカーのメリットはさまざまに存在します。まず、高い共振周波数により音質が向上する点が挙げられます。また、音の立ち上がりや低音の追従性にも優れており、音楽鑑賞をより一層楽しめるでしょう。最後に、大型のユニットを使用していることから、音量や音場を大きく取ることができる点も魅力的です。

この評価情報で明確に分かるように、最高共振周波数に関してタンノイ MERCURY V4iは高位レベルにあると思います。このトールボーイスピーカーは最高共振周波数にこだわる場合魅力的と考えられそうです。このトールボーイスピーカーが選択肢となるポイントの一つと言えるでしょう。

最高共振周波数評価
タンノイ MERCURY V4i53kHz78/100

インピーダンス

インピーダンスについてタンノイ MERCURY V4iは8Ωです。全てのトールボーイスピーカーの中でインピーダンスに関するスコア評価は特に優れたトールボーイスピーカーのひとつであり本サイト上では100点中85点をつけています。普通と比べる場合、際立って上位にあるトールボーイスピーカーとなるかもしれません。大きいインピーダンスが備わったこのトールボーイスピーカーは、高品質な音を届けてくれます。音がぼやけたり、音声がかき消されたりすることがなく、細部までクリアに聴こえます。音楽や映画を楽しむ際には、このスピーカーが最適です。

トールボーイスピーカーのインピーダンスが大きいことによる最も顕著なメリットの一つは、信号の損失が最小限に抑えられることです。これにより、音の質を大幅に向上させることができます。また、インピーダンスが大きいため、周波数レスポンスがより平坦になります。これにより、より正確でバランスの取れたサウンドを楽しむことができます。

実際の使用においてはインピーダンスに関してタンノイ MERCURY V4iは目に付くほど優れています。このトールボーイスピーカーはインピーダンスを気にするのであれば魅力的な選択でしょう。このトールボーイスピーカーの選択を推奨する一つの決め手になります。

インピーダンス評価
タンノイ MERCURY V4i85/100

許容入力

許容入力においてタンノイ MERCURY V4iは200Wというデータとなっています。通常のトールボーイスピーカーより、許容入力が比較的大きいトールボーイスピーカーとなるでしょう。すべてのトールボーイスピーカーの中でも上位レベルにあります。

実際の使用において考えると、タンノイ MERCURY V4iはわりと勝っているトールボーイスピーカーであると言えるでしょう。ただし、絶対的ではない点を考える必要があると言うことができます。

許容入力評価
タンノイ MERCURY V4i200W66/100

スペック

タンノイ MERCURY V4i
画像タンノイ MERCURY V4i
本体サイズ99.6cm × 281mm × 204mm
本体重量14.7kg
カラー木目系
セット数1台
搭載ユニット数3つ
スピーカー方式2WAY
出力音圧レベル91dB
最低共振周波数32Hz
最高共振周波数53kHz
インピーダンス
許容入力200W

タンノイ MERCURY V4i の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。