ランドベース 6 TP-606のメリットデメリットを検証|類似のものに比較して良いのか悪いのかをまとめました

作成日時: 2020年05月25日 05時54分31秒, 更新日時: 2020年05月25日 12時16分03秒

ランドベース 6 TP-606を徹底評価

ランドベース 6 TP-606の使い勝手について検証します。情報の注目度ごとに広く解説。類似のものと比較してランドベース 6 TP-606はどの程度良いのかについて検証しました!

ランドベース 6 TP-606のメリット

  • 展開時のサイズは非常に大きい
  • フライシートの耐水圧はとても高い

ランドベース 6 TP-606のデメリット

  • 重量は非常に重い

ランドベース 6 TP-606の特徴

  • フライシートに遮光コーティング加工が施されている
  • フライシートにピグメントコーティング加工が施されている

よく注目される点からランドベース 6 TP-606を評価する

ランドベース 6 TP-606の扱いやすさについて評価

重量について

ランドベース 6 TP-606の重量は12.5 kgです。ランドベース 6 TP-606は普通のタープよりも比較的重い重量と言えるでしょう。重量の軽さランキングで見てみると397製品の中で294位くらいに位置付けられます。重量にほとんど関心がない人でも不満を感じることがありそうです。従ってもうワンランク上のタープを考えた方が良さそうです。

重量評価
ランドベース 6 TP-60612.5 kg16/100

展開時のサイズについて

展開時のサイズについて、ランドベース 6 TP-606は横:0.0 km、縦:0.0 km、高さ:2.4 mです。標準的なタープと比べてランドベース 6 TP-606の展開サイズはとても大きいタープと言えるでしょう。展開時のサイズの大きさランキングで213製品中2位です。そのためランドベース 6 TP-606に決める大きな理由の一つとなると思います。これよりも大きい展開サイズのタープでもほぼ意味がないでしょう。

展開時のサイズ評価
ランドベース 6 TP-606横:0.0 km、縦:0.0 km、高さ:2.4 m98/100

収納時の長さについて

普通に使う分にはあまり困らないものであるため、ランドベース 6 TP-606がすごく優れているとまでは言えないでしょう。全くストレスを感じたくない人には物足りなさを感じるかもしれないため、もう一つ上のタープを検討をお勧めします。

収納時の長さ評価
ランドベース 6 TP-60680053/100

ランドベース 6 TP-606のフライシートについて評価

フライシートの耐水圧について

フライシートの耐水圧について、ランドベース 6 TP-606は3 mです。ランドベース 6 TP-606は普通のタープよりもかなり高い部類のタープと言えるでしょう。フライシートの耐水圧の高さランキングで289製品中22位です。従ってランドベース 6 TP-606を選ぶ上で大きな理由の一つになります。フライシートの耐水圧という観点でこれ以上高いタープでもほぼ意味がないと思います。

フライシートの耐水圧評価
ランドベース 6 TP-6063 m92/100

フライシートの遮光コーティング加工について

ランドベース 6 TP-606はフライシートに遮光コーティング加工が施されているタープです。

ピグメントコーティング加工について

ランドベース 6 TP-606はフライシートにピグメントコーティング加工が施されているタープです。

ランドベース 6 TP-606の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ランドベース 6 TP-606

65.1-重量:12.5 kg, 展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0.0 km、高さ:2.4 m, フライシートの耐水圧:3 m

アメニティタープ ヘキサLセット TP-851S

54.7重量:7 kg, 収容できる人数:6人, フライシートの耐水圧:1.8 m

カヤード TP-400

72.2重量:5.2 kg, 展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0 km、高さ:2.1 m, フライシートの耐水圧:3 m

TAKIBIタープ シールドオクタ FES-430

66.3重量:9.1 kg, 収容できる人数:8人, フライシートの耐水圧:3 m

メッシュシェルター TP-925

47.5重量:12 kg, 収容できる人数:4人, 展開時のサイズ:横:3.9 m、縦:0 km、高さ:2.2 m, フライシートの耐水圧:1.8 m

ランドステーションL TP-821IV

57.3重量:8.9 kg, 展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0.0 km、高さ:2.1 m, フライシートの耐水圧:1.8 m

リビングシェルS TP-240

42.8重量:12 kg, 収容できる人数:2人, 展開時のサイズ:横:3.2 m、縦:3.5 m、高さ:2.1 m, フライシートの耐水圧:3 m

リビングシェル TP-623R

56.8重量:13.2 kg, 展開時のサイズ:横:0 km、縦:0 km、高さ:2.1 m, フライシートの耐水圧:3 m

展開時のサイズ

画像製品名評価比較したときのおススメ度展開時のサイズ

ランドベース 6 TP-606

98.6-展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0.0 km、高さ:2.4 m

アメニティタープ ヘキサLセット TP-851SR

99.5展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0.0 km、高さ:2.8 m

カヤード TP-400

97.9展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0 km、高さ:2.1 m

メッシュシェルター TP-925

66.2展開時のサイズ:横:3.9 m、縦:0 km、高さ:2.2 m

ランドステーションL TP-821IV

98.2展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0.0 km、高さ:2.1 m

リビングシェルS TP-240

49.9展開時のサイズ:横:3.2 m、縦:3.5 m、高さ:2.1 m

リビングシェル TP-623R

72.2展開時のサイズ:横:0 km、縦:0 km、高さ:2.1 m

スピアヘッド Pro.L TP-450

98.4展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:2.8 m、高さ:0.0 km

フライ耐水圧

画像製品名評価比較したときのおススメ度フライ耐水圧

ランドベース 6 TP-606

92.1-フライシートの耐水圧:3 m

ヘキサ Pro.air S TP-348

44.7フライシートの耐水圧:1.5 m

アメニティタープ ヘキサLセット TP-851SR

54.2フライシートの耐水圧:1.8 m

HDタープ シールド スクエアエヴォ Pro. TP-251

92.1フライシートの耐水圧:3 m

ヘキサ Pro.air L TP-350

44.7フライシートの耐水圧:1.5 m

アメニティタープ ヘキサLセット TP-851S

54.2フライシートの耐水圧:1.8 m

カヤード TP-400

92.1フライシートの耐水圧:3 m

HDタープ ヘキサエヴォ Pro. TP-260IV

54.2フライシートの耐水圧:1.8 m

ランドベース 6 TP-606の詳細情報

ランドベース 6 TP-606
画像ランドベース 6 TP-606
重量12.5 kg
展開時のサイズ横:0.0 km、縦:0.0 km、高さ:2.4 m
収納時の長さ800
フライシートの耐水圧3 m
フライシートに遮光コーティング加工が施されているかどうか
フライシートにピグメントコーティング加工が施されているかどうか
フライ材質ポリエステル

類似した性能のタープを見る

他のタープと比較する

価格をチェックする

ランドベース 6 TP-606の価格を今すぐチェック

ランドベース 6 TP-606と評価が同程度のタープを探す

モーグ Pro.air TP-600

重量:15.5 kg, 収容できる人数:6人, 展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0 km、高さ:2 m, フライシートの耐水圧:1.5 m

Vanaheim 24 242016

重量:44.3 kg, 収容できる人数:14人, 展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0 km、高さ:3 m, フライシートの耐水圧:350 mm

ライダーズベース TT3-587-BK

重量:4.2 kg, 収容できる人数:5人, 展開時のサイズ:横:0 km、縦:3.6 m、高さ:1.6 m, フライシートの耐水圧:3 m

プレミアムペンタタープ TT5-505

重量:3.2 kg, 収容できる人数:6人, 展開時のサイズ:横:0.0 km、縦:0 km、高さ:2.5 m, フライシートの耐水圧:2 m

もっと見る ▼

タープランキング

カテゴリ一覧

メーカー名でタープを探す

タープ 新着記事

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。