ヘリテイジ ストックシェルター を選ぶべきなのか。評価を解説してみました

作成日時: 2021-10-15 19:37:04、更新日時: 2021-10-20 14:02:42

ヘリテイジ ストックシェルター にはどういう点でメリットデメリットがあるタープなのか?どういう良さがあるのかを評価してみました。ヘリテイジ ストックシェルターを選んだ方がいいのかについて簡単に理解できます!

評価のサマリー
評価の比較
項目評価
使いやすさ13/100
フライシート42/100
総合評価27.4/100

ヘリテイジ ストックシェルターは、本体重量が280gと非常に軽量であり、アウトドアに最適です。また、収納時の長さが1.7mで、持ち運びやすく、収納の際も場所をとりません。さらに、フライシート耐水圧が1mで、軽い雨なら問題なくシェルターとして使用することができます。フライ材質はナイロンであり、軽量でありながら丈夫です。1人用という小さなサイズながら、軽量でしっかりとした作りで耐久性も高いため、初めてアウトドアに行く人からも上級者まで幅広くおすすめできます。

総合的に見た場合、ヘリテイジ ストックシェルターは理想的なアウトドアシェルターだと言えます。軽量かつコンパクトな作りでありながら、十分な耐水性と耐久性を備えています。初めてアウトドアに挑戦する人から上級者まで、多くの人におすすめできる商品です。

メリット

  • 重量はとても軽い

デメリット

  • 収容できる人数はとても少ない
  • 展開時のサイズは非常に小さい
  • 収納時の長さはとても短い
  • フライシートの耐水圧は低い

よく注目される点から ヘリテイジ ストックシェルター を評価する

ヘリテイジ ストックシェルター のフライシートについて評価

フライシート耐水圧について

フライシートの耐水圧が高いタープは大雨や嵐など、過酷な環境下においても耐えることができる点で優れています。例えば雨の日や水辺など濡れるような場所で使用するのにおススメです。

フライシートの耐水圧について「ヘリテイジ ストックシェルター」は1mです。これは標準的なタープと比べてとても低い耐水圧でしょう。フライシートの耐水圧の高さランキングで見てみると406製品の中で336位くらいに位置付けられます。フライシートの耐水圧で選ぶ場合において「ヘリテイジ ストックシェルター」は選択肢に入らないです。

フライシート耐水圧評価
ヘリテイジ ストックシェルター1m28/100

ヘリテイジ ストックシェルター の扱いやすさについて評価

本体重量について

重量が軽いタープは重量のあるタープに比べ容易に運搬できる点で秀でています。例えば持ち運びが楽で簡単に設営するといったようなときで重宝します。

重量について「ヘリテイジ ストックシェルター」は280gです。一般的なタープと比べてこのタープの重量はとても軽い部類に入るタープと言えるでしょう。重量の軽さランキングで658製品中3位です。車からの積み下ろしが容易にでき、持ち運びが容易にできる点でこの商品は秀でています。遠方のキャンプに出かける際の荷物重量を低減するなら「ヘリテイジ ストックシェルター」は非常に適しています。そのため「ヘリテイジ ストックシェルター」はかなりおすすめです。重量という観点でこれ以上軽いタープを選んでもほぼ意味がないと思われます。

本体重量評価
ヘリテイジ ストックシェルター280g97/100

最大収容人数について

収容できる人数が多いタープは大人数でのキャンプやバーベキューに使用できる点で優れています。特に家族やグループでの多人数でのキャンプ用に利用するといったようなときで役に立ちます。

「ヘリテイジ ストックシェルター」の収容できる人数は1人です。普通のタープと比べてこのタープの収容可能数は非常に少ない部類に入るタープだと言えるでしょう。収容できる人数の多さランキングでは248製品中242位くらいになります。収容できる人数に関心がない人でも日常で利用していて不満を感じることがあるでしょう。そのためもう一つ上のタープを考えることをお勧めします。

最大収容人数評価
ヘリテイジ ストックシェルター1人0/100

展開サイズについて

展開時のサイズが大きいタープは広々としているのでゆとりを持って利用できる点で優れています。特に友達や家族などの大人数でのキャンプで使用するといった場合に向いています。

「ヘリテイジ ストックシェルター」の展開時のサイズは横:2.56m、縦:90cm、高さ:1.05mです。これは平均的なタープと比べて非常に小さいと言えるタープでしょう。展開時のサイズの大きさランキングでは291製品中272位くらいになります。展開時のサイズにあまりこだわりが無い人でも使っていて不満を感じることがありそうです。そのため一つ上のタープを考えた方が良さそうです。

展開サイズ評価
ヘリテイジ ストックシェルター横:2.56m、縦:90cm、高さ:1.05m10/100

収納時の長さについて

収納時の長さが長いタープは大きな居住スペースを設営できる点で使い勝手が良いです。特に家族やグループでの多人数でのキャンプ用に利用するのにおすすめです。

「ヘリテイジ ストックシェルター」の収納時の長さは1.7mです。これは標準的なタープよりかなり短い収納長と言えるでしょう。収納時の長さにほとんど関心が無くても普通に使っていてストレスを感じることがあるでしょう。従ってもう一つ上のタープを考えた方がいいのかもしれません。

収納時の長さ評価
ヘリテイジ ストックシェルター1.7m0/100

ヘリテイジ ストックシェルター の詳細情報

ヘリテイジ ストックシェルター
画像ヘリテイジ ストックシェルター
本体重量280g
最大収容人数1人
展開サイズ横:2.56m、縦:90cm、高さ:1.05m
収納時の長さ1.7m
フライシート耐水圧1m
フライ材質ナイロン

類似のタープを探す

他のタープと比較する

価格をチェック

ヘリテイジ ストックシェルター の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ヘリテイジ ストックシェルター と評価が同程度のタープを探す

本体重量:9kg, 最大収容人数:6人, フライシート耐水圧:350mm

本体重量:880g, 展開サイズ:横:1.5m、縦:1.2m、高さ:1.1m, フライシート耐水圧:1m

本体重量:1.4kg, 最大収容人数:2人, 展開サイズ:横:1.7m、縦:1.95m、高さ:1.04m, フライシート耐水圧:60cm

本体重量:13.5kg, 展開サイズ:横:3m、縦:3m、高さ:2.65m, フライシート耐水圧:80cm

本体重量:2.4kg, 最大収容人数:3人, 展開サイズ:横:1.25m、縦:2.4m、高さ:1.3m, フライシート耐水圧:50cm

本体重量:1.1kg, 展開サイズ:横:1.9m、縦:1.17m、高さ:1.13m, フライシート耐水圧:1m

本体重量:2kg, 最大収容人数:3人, 展開サイズ:横:2m、縦:1.5m、高さ:1.3m

本体重量:13.5kg, 展開サイズ:横:3m、縦:3m、高さ:2.65m, フライシート耐水圧:80cm

本体重量:7.4kg, 最大収容人数:2人, 展開サイズ:横:3.6m、縦:2.05m、高さ:3.6m

ヘリテイジ ストックシェルター の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ヘリテイジ ストックシェルター

27.4-本体重量:280g, 最大収容人数:1人, 展開サイズ:横:2.56m、縦:90cm、高さ:1.05m, フライシート耐水圧:1m

シャドウキャスター 110 NM-SCT-GY110

73.9本体重量:1.7kg, 最大収容人数:6人

シャドウキャスター 110 NM-SCT-TN110

73.9本体重量:1.7kg, 最大収容人数:6人

シャドウキャスター 165 NM-SCT-CY165

80.0本体重量:2.5kg, 最大収容人数:10人

シャドウキャスター 165 NM-SHADOWCT-TN165

74.0本体重量:3.9kg, 最大収容人数:10人

ビッグアグネス シュガーローフキャンプ TSLC16

48.5本体重量:7.2kg, 最大収容人数:6人, 展開サイズ:横:3.05m、縦:2.03m、高さ:3.05m

キャンパーズコレクション ジオスクリーンハウス GSD-4032(GR)

33.4本体重量:9.5kg

モノラル スカイフィルム180SIL MT-0036

94.7本体重量:500g

タープランキング

カテゴリ一覧

人気タープ

関連人気記事

新着情報