SONY DEV-3 評価

2023-06-02 14:57:41

総合評価

50.8/100

(総合順位: 385/1410)

評価項目点数
静止画合計有効画素数
71/100
撮像素子サイズ
77/100
静止撮影画解像度
52/100
動画撮影解像度
50/100
最小F値
62/100
最低被写体照度
22/100
ファインダーサイズ
66/100
ファインダー画素数
66/100
本体サイズ
21/100
本体重量
19/100
総合評価50.8/100

評価レビュー

接続機能

AV出力機能

SONY DEV-3はAV出力に対応していると言えるでしょう。当社がレビューを行ったこのビデオカメラは、AV出力に対応しています。この機能により、ビデオカメラで撮影した映像をテレビなどの大画面で楽しむことができます。また、この機能を利用して、ビデオカメラからパソコンに映像を取り込むことも可能です。

AV出力に対応しているビデオカメラは、映像を外部機器に出力することができるため、スクリーンやプロジェクターなどの大画面で映像を鑑賞することができます。また、テレビ画面に接続することで、手軽に家族や友人と撮影した映像を共有することができます。また、AV出力に対応しているビデオカメラは、多くの場合、高画質かつ高音質な映像を出力することができるため、よりリアルな映像体験を楽しむことができます。

HDMI出力機能

SONY DEV-3はHDMIで出力できると言えるでしょう。このビデオカメラはHDMIで出力できる機能が備わっており、高画質な映像を簡単に外部のディスプレイに表示することができます。また、クリアな音声も伝送されるため、プレゼンテーションや家庭での視聴にも最適です。

HDMIで出力できるビデオカメラには、いくつかのメリットがあります。まず、大画面での映像再生が可能になります。PCやテレビなどに直接接続することで、高画質な映像を鑑賞できます。また、ハイビジョン画像を美しく、リアルに再現することができます。さらに、映像素材を効率的に扱うことができ、編集作業もスムーズに行えます。

画質

静止画合計有効画素数

静止画合計有効画素数においてSONY DEV-3は710万画素となっています。これは平均的なビデオカメラと比べると、そこそこ秀逸であると考えられるかもしれません。スコアは100点中71.5点であるといえます。これは全ビデオカメラの中でもそこそこ上位にあります。静止画においても高品質な画像を撮影することができるこのビデオカメラは、撮影する人の上手さや技術力にも影響を与えることなく、簡単に美しい映像を手に入れることができます。プロの方からもおすすめされることが多いアイテムです。

静止画合計有効画素数が大きいビデオカメラのメリットは、映像記録以外の用途にも活用できることです。例えば、ビジネスシーンでのプレゼンテーション資料作成時には、高解像度の静止画が必要になります。このような場合には、ビデオカメラで高品質な静止画を撮影することができ、時間的・空間的制約が少なくなります。

静止画合計有効画素数について実際の使用を考えるとSONY DEV-3は体感的にいって幾分か高いレベルにあります。そのためこのビデオカメラは静止画合計有効画素数を気にする人の場合魅力的な選択と考えることができそうです。そうでなくともこのビデオカメラは有力な候補となるでしょう。ともあれ静止画合計有効画素数は意思決定に関する必要不可欠なヒントの1つになります。

静止画合計有効画素数評価
SONY DEV-3710万画素71/100

イメージセンサー複数搭載

SONY DEV-3は複数のイメージセンサーを搭載していると言うことができます。このビデオカメラでは、複数のイメージセンサーを搭載しています。そのため、広い範囲を一度に撮影することができ、全体の映像のバランスが良いです。また、高さや角度が変わっても、綺麗な映像を撮影できるため、特定の撮影条件でも活躍します。

複数のイメージセンサーを搭載しているビデオカメラのメリットは大きなものです。それらは、より正確な色再現を提供するだけでなく、輝度レベルも改善します。 さらに、深い明暗の差をより長い露出時間で実現できるため、ダイナミックレンジも広がります。このような機能を備えたカメラは、より自然な映像を作り出し、高品質な映像制作に大きく貢献することができます。

MOSイメージセンサー

SONY DEV-3はMOSイメージセンサーに対応していると言うことができます。このビデオカメラはMOSイメージセンサーに対応しているため、高画質の映像を撮影することができます。また、暗い場所でも明るく鮮明な映像を撮ることができるため、どんなシーンでも自信を持って使用することができます。

MOSイメージセンサーに対応しているビデオカメラは、色味やコントラストの再現性に優れています。それに加え、高感度・広ダイナミックレンジにより、明るいところと暗いところの差を良好に表現することができます。そのため、風景や野外撮影にも適した機種と言えます。

CMOSイメージセンサー

SONY DEV-3はCMOSイメージセンサーに対応しているビデオカメラとなります。このビデオカメラには、CMOSイメージセンサーが搭載されています。そのため、高感度でクリアな映像を撮影することができます。また、センサーによる高ダイナミックレンジ処理により、光の明暗差が大きい場面でも、細かな質感や陰影を表現することができます。

CMOSイメージセンサーに対応しているビデオカメラのメリットはいくつかあります。まず第一に、CMOSイメージセンサーは高速なデータの転送が可能なため、動きの速い被写体の撮影に優れています。また、高感度で暗い場所でもきれいな映像が撮影できるため、夜景や室内撮影にも適しています。さらに、小型軽量化が進む中で、CMOSイメージセンサーはコンパクトに収まりやすく、移動時の持ち運びにも便利です。

撮像素子サイズ

これは平均的なビデオカメラと比べる場合、上回っているでしょう。割と高い水準にあると言えます。撮像素子が大きいため、このビデオカメラで撮影した映像には奥行きや立体感があり、迫力のある映像が得られます。また、高感度でもノイズが少なく、暗い場所でもクリアな映像を撮影できます。

撮像素子サイズが大きいビデオカメラの長所は、暗い場所での撮影が得意であることです。暗い場所では、より多くの光を取り込むことが必要となりますが、撮像素子が大きいほどその性能を発揮することができます。撮影対象が動いている場合でも、高速なAF機能により正確なピントを合わせることができ、美しい映像を撮影することが可能です。

実際に使用する場面において考えると、SONY DEV-3は普通のビデオカメラより割と上位にあると考えることができます。従ってこのビデオカメラを検討するべき一つの決め手となります。撮像素子サイズは大きな基準の1つになります。ただ絶対的とまでは必ずしも言い切ることができないため注意が必要であることが分かります。

静止撮影画解像度

SONY DEV-3における静止撮影画解像度については3072 × 2304というデータです。レビューワーによる独自評価では100点満点中52.9点という評価点数をつけています。これは平均レベルと言うことができるビデオカメラであると思われます。このビデオカメラの高い静止撮影画解像度に驚きました。明るさが高く、色の再現性も素晴らしいです。また、ノイズが少なく、細かい映像も鮮明に捉えられています。

静止撮影画解像度が高いビデオカメラは、撮影した写真や静止画が繊細で美しく映ることが特徴です。このような静止画の画質が高いと、大切な思い出や家族の写真を撮影する際、いつまでも美しく保つことができます。また、静止画の美しさが高いと、インテリア性の高いフォトブックやアルバムを制作することもできます。

静止撮影画解像度に関して実際的な面から見るとSONY DEV-3は一般的なビデオカメラであるといえるでしょう。静止撮影画解像度の情報を評価しても役に立ちません。ほかの角度から採用した方が良いということができます。

静止撮影画解像度評価
SONY DEV-33072 × 230452/100

動画撮影解像度

SONY DEV-3に関する動画撮影解像度において1920 × 1080です。全てのビデオカメラの中でもまあまあの水準にあります。これは標準グレードな感じと考えられるかもしれません。このビデオカメラは高い動画撮影解像度を持っていると同時に、使い勝手も大幅に改善されています。撮影の際に必要な機能が充実しており、一台で多機能が実現するのは嬉しい限りです。また、持ち運びにも適したサイズと重量であり、多くの人々に選ばれています。

動画撮影解像度が高いビデオカメラのメリット高い解像度を持つビデオカメラを使うことで、より鮮明でリアルな映像を撮影することができます。また、映像を編集する際にも、より細かな部分まで編集することが可能で、よりクリアな映像を作り上げることができます。更に、高い解像度によって撮影された映像は、大型のスクリーンやモニターで再生した際にも美しい映像を見ることができ、撮影者の技術がさらに映えるでしょう。

実用上の観点から考えるとSONY DEV-3は通常のビデオカメラであることがわかります。別の側面から考慮する必要性がありそうです。動画撮影解像度の情報を検討しても商品選択において意味がないと言えるでしょう。

動画撮影解像度評価
SONY DEV-31920 × 108050/100

フルハイビジョン動画撮影

SONY DEV-3はフルハイビジョンでの動画撮影に対応しているといえます。フルハイビジョンでの動画撮影に対応しているこのビデオカメラは、映像に迫力があり、見ている人に臨場感をもたらします。また、暗い場所でも明るい映像を記録できるため、夜景の撮影にも適しています。

フルハイビジョンでの動画撮影に対応しているビデオカメラのメリットは、高精細な映像を撮影することができることです。特に、自然や風景、花火など、美しい映像を撮影したい場合にはフルハイビジョン対応のビデオカメラが適しています。また、動画の再生に対応しているテレビやモバイル端末が増えているため、フルハイビジョンの映像を手軽に楽しむことができます。

画面

電子ファインダー搭載

SONY DEV-3は電子ファインダーに対応していると言えるでしょう。電子ファインダーに対応しているこのビデオカメラは、撮影時に手ぶれ補正機能を使用することができます。電子ファインダーを使用することで、手ぶれした映像を確認しながら補正することができるため、より滑らかに動画を撮影することができます。

電子ファインダーに対応しているビデオカメラを使用することで、液晶モニターだけでは確認できないような細かい部分まで映像が確認できます。さらに、アングル調整がしやすく、視野角が広いため、自然な映像をより簡単に撮影できます。また、電子ファインダーには情報表示機能が備わっており、カメラの動作状況や設定が一目で確認できます。

ファインダーサイズ

SONY DEV-3のファインダーサイズについては0.45インチです。これは平均と比べると優れているといえそうです。すべてのビデオカメラの中でファインダーサイズにおける点数は割と優れているビデオカメラで、点数評価は100点満点中66点と言うことができるでしょう。大きいファインダーサイズのこのビデオカメラは、撮影時に快適さを提供します。ファインダー内の表示は非常に鮮明で、映像のチェックも簡単です。

ファインダーサイズが大きいビデオカメラは、暗所や屋外の強い日差しでも撮影がしやすいというメリットがあります。ファインダーには光学式や電子式がありますが、どちらも高い解像度が得られるため、被写体の細かいディテールを見逃すことがありません。

ファインダーサイズに関して実現可能な観点から見るとSONY DEV-3はやや上位にあるビデオカメラであることが分かるでしょう。しかし、絶対的とまでは必ずしも言い切ることができない点を考慮する必要があると思われます。

ファインダーサイズ評価
SONY DEV-30.45インチ66/100

ファインダー画素数

SONY DEV-3において、ファインダー画素数は122.688万ドットになります。ファインダー画素数で考えると、そこそこ勝っています。基本的なビデオカメラと比較すると、そこそこ有利にあるビデオカメラとなるでしょう。大きいファインダー画素数を持つこのビデオカメラは、特にアウトドア派の方におすすめです。明るい屋外での撮影においても、ファインダーから見た映像がクリアに映ります。また、太陽の光による反射も少ないため、使用のしやすさが向上します。

ファインダー画素数の高いビデオカメラのメリットは、カメラアングルの自由度が高くなることです。高画素数のファインダーがあれば、ズームアップしても被写体が見やすく、広角からの撮影でも、ディテールを見逃すことがありません。撮影時に、よりアーティスティックな映像を創りだすことができます。

ファインダー画素数について実際の活用を考えると、SONY DEV-3は体感的に、秀逸であると考えられるかもしれません。そのためこのビデオカメラはファインダー画素数を重要視するのなら理想的な選択と考えられるかもしれません。そうでなくともこのビデオカメラを有力な候補の一つに加えることを考慮すべきであると言うことができます。ともあれファインダー画素数に着目して比較することでより的確な決定ができると思います。

ファインダー画素数評価
SONY DEV-3122.688万ドット66/100

利便性

本体サイズ

本体サイズについて、SONY DEV-3は219mm × 155mm × 88mmというデータです。平均よりわりと不十分なと言えそうです。本体サイズについての評価点数は100点中21.5点というデータです。

本体サイズが小さいビデオカメラのメリットは、持ち運びが便利であり、撮影時の操作感覚が良くなる点です。また、小型化に伴い、バッテリーの持ちやすさも向上し、長時間の撮影にも対応しやすい点があります。

この評価情報から明らかなように、本体サイズにおいてSONY DEV-3はそれなりに低い水準にあるビデオカメラであることがわかります。ただし、決定的ではないため注意が必要であると言えます。

本体サイズ評価
SONY DEV-3219mm × 155mm × 88mm21/100

本体重量

SONY DEV-3の場合、本体重量は1.13kgというデータであるといえます。全てのビデオカメラの中でも本体重量に関する評価点数は特に劣ったビデオカメラです。点数は100点満点中19点であると言うことができます。普通より本体重量が極めて重いビデオカメラとなりそうです。

本体重量が軽いビデオカメラの一番のメリットは、手ぶれ補正が強力であることです。カメラ本体が軽いため、手ぶれによる揺れが少なく、安定した映像を撮影することができます。特に屋外での撮影や、ズームを多用する場合などには、より高品質な映像を撮影することができます。

実地的な視点から考えると、SONY DEV-3は平均的なビデオカメラと比較すると著しく下回っていると感じるでしょう。したがってこのビデオカメラに決めない上で一つの要素になります。このビデオカメラは本体重量に注目するなら候補に入らないと言うことができそうです。

本体重量評価
SONY DEV-31.13kg19/100

撮影

最小F値

最小F値においてSONY DEV-3はf/1.8です。普通のビデオカメラよりこのビデオカメラの最小F値は比較的小さいビデオカメラかもしれません。全てのビデオカメラの中でそれなりに上位グレードに存在し、100点中62点です。このビデオカメラが持つ最小F値は非常に小さいですが、それでも驚くべき画像品質を提供します。被写体が遠くにある場合でも、クリアな画像で撮影することができます。また、被写体の背景が模糊に表示されるため、美しい映像を作り出すことができます。

最小F値が小さいビデオカメラは、撮影のクオリティを向上させることができます。深い被写界深度での撮影や暗い場所での撮影が可能であることから、より表現力豊かな映像に仕上がります。また、被写体のディテールを繊細に捉えることができるため、プロユースにも向いています。

最小F値という点で評価すると、SONY DEV-3は一般的なビデオカメラより幾分か勝っていると言うことができます。しかし、決定的とまでは保証できないため気を付けてみる必要性があることがわかります。

最小F値評価
SONY DEV-3f/1.862/100

最低被写体照度

SONY DEV-3に関する最低被写体照度において11ルクスです。これは割と最低被写体照度が下回っているビデオカメラです。全ビデオカメラの中で最低被写体照度のスコア評価は割と劣ったビデオカメラであり本サービス上における評価では100点満点中22点という得点評価をつけています。

最低被写体照度が低いビデオカメラのメリットについて低照度下での良好な映像という面で、最低被写体照度が低いビデオカメラは優れた機能を持っています。液晶画面上でも明るさを感じることができ、暗い場所でもクリアな映像を撮影できます。また、光量感知機能によって、光を補正した映像が得られます。

実用的な観点から見ると、SONY DEV-3は標準と比較する場合そこそこよくないと思います。そのため、このビデオカメラは最低被写体照度を重視したいならイマイチな選択と考えられます。いずれにしても、最低被写体照度に着目して比較することで、より的確な判断につながるでしょう。

最低被写体照度評価
SONY DEV-311ルクス22/100

光学式手ブレ補正機能

SONY DEV-3は光学式の手ブレ補正機能を搭載しているビデオカメラといえるでしょう。このビデオカメラに搭載された光学式の手ブレ補正機能は、撮影時に手ブレによる揺れを補正することができます。そのため、人間の手の震えが原因で揺れた映像でも、滑らかで安定した映像に仕上がることが期待できます。この手ブレ補正機能は、本格的な映像撮影にとって必要不可欠であると言えます。

光学式の手ブレ補正機能を搭載しているビデオカメラのメリットは大きく、手振れによる画像の乱れを防止し、高品質な映像を撮影できます。また、手ブレ補正機能が搭載されていることで、初心者でも手軽に映像制作ができ、クオリティの高い作品を作ることができます。長時間の撮影の際も手ブレを防止し、快適な撮影をサポートします。

保存

SDカード対応

SONY DEV-3はSDカードへの保存ができるビデオカメラと言えるでしょう。このビデオカメラは、SDカードへの保存ができるので非常に便利です。ビデオ撮影をしている最中に、SDカードがいっぱいになったら、すぐに別のSDカードを使えるように、予め複数のSDカードを用意しておくことをおすすめします。

SDカードへの保存ができるビデオカメラは、撮影後にも便利です。SDカードから取り出して、パソコンに取り込んで編集することができます。また、SDカードに保存したデータは、万が一カメラが故障しても、別の機器で復元できるため、安心です。さらに、SDカードにデータを保存しておくことで、カメラのメモリを空けることができます。

メモリースティック対応

SONY DEV-3はメモリースティックへの保存ができるビデオカメラと言えます。メモリースティックへの保存ができるこのビデオカメラは、撮影した映像をパソコンなどで簡単に編集することができます。また、小型・軽量なボディに加え、バッテリーの持ちもよく、旅行などにも最適です。

昔のビデオカメラは、ビデオテープにしか記録できず、テープが終わると補充する必要がありました。しかし、メモリースティックへの保存ができるビデオカメラであれば、記録時間を伸ばすために、別売りのメモリーを購入するだけでよく、追加でテープを購入する必要はありません。そのため、経済的にも便利な点があります。

JPEG形式

SONY DEV-3はJPEG形式での動画保存に対応しているビデオカメラとなっています。このビデオカメラは、JPEG形式での動画保存に対応しているため、ビデオの編集や共有が簡単に行えます。さらに、高画質を維持しながら大容量のファイルを保存できるので、映像制作に必要な機能が網羅されています。

JPEG形式での動画保存に対応しているビデオカメラでは、不要なソフトウェアのインストールが不要であり、規格化されたJPEG形式のため、どの機種でも利用できます。また、JPEG形式は親しまれており、多くのソフトウェアやツールにも対応しており、利用環境も整っています。

スペック

SONY DEV-3
画像SONY DEV-3
静止画合計有効画素数710万画素
画素数総画素数:420万画素/静止画有効画素数:710万画素
イメージセンサーCMOS 1/4型×2
イメージセンサー複数搭載
MOSイメージセンサー
CMOSイメージセンサー
静止画撮影性能3072×2304
静止撮影画解像度3072 × 2304
動画撮影性能1920×1080
動画撮影解像度1920 × 1080
フルハイビジョン動画撮影
F値F1.8〜F3.4
最小F値f/1.8
最低被写体照度11ルクス
手ブレ補正機構光学式
光学式手ブレ補正機能
電子ファインダー搭載
ファインダー0.45型,122.688万ドット
ファインダーサイズ0.45インチ
ファインダー画素数122.688万ドット
対応外部メディアSDカード/SDHCカード/SDXCカード/メモリースティックPRO Duo/メモリースティックPRO-HG Duo
SDカード対応
メモリースティック対応
静止画保存形式JPEG
JPEG形式
接続端子USB2.0,AV出力,HDMI
AV出力機能
HDMI出力機能
本体サイズ219mm × 155mm × 88mm
本体重量1.13kg
電源NP-FV70

SONY DEV-3 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。